スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆ED? セックスしたがらないオンナたち

EDの男性は急激に増えています。しかも中高年にとどまらず、30歳代にまで波及しているのです。50代、60代以降であれば「まぁ仕方ない」とも思えるでしょう(もちろん、この世代でも仕方ないわけじゃないのですが)。しかし30代だと、場合によってはこれから結婚、子どもをという人も多いはず、パートナーがいない男性は、「これじゃ彼女(あるいは結婚)もできない」と悲観的になります。

一方パートナーを得ていたとしても、苦悩は大きい。夫はセックスに失敗するとセックスを避けるようになり、妻との間に何となく溝ができます。最近はセックスレスのカップルも多くなり、「愛があればセックスなんて、なくても大丈夫」という意見もありますが、やはり夫婦にとってセックスは大切な問題です。

膣圧 



子どもがほしい夫婦にとって、問題は深刻です。セックスしなくて子どもはできないわけですから、セックスを避ける夫に対し、妻はイライラします。妊娠の年齢的なリミットが迫っている妻は余計に焦ってしまいます。そもそも精神的なことが原因でEDになってしまっているわけですから、焦ったら逆効果です。皮肉にも二人の愛の結晶がほしいと願うばかりに、夫婦仲が悪くなるという事態も起きてしまいます。

これまで、「セックスができないというのは、男性側の問題」と捉えられるケースがほとんどでした。しかし、ここ最近は「夫とセックスをしたくない」と思う女性も増えています。まず、一つは、中高年女性のパターンです。

この場合は、女性の更年期障害が大きく影響していて「更年期障害で苦しんでいる時にセックスを強要された」「もうオンナではないと言われてショックだった、それ以来セックスをする気になれない」等々、女性側は訴えます。更年期を過ぎるとホルモンの分泌が急減するために、膣から分泌液も減少します。思いやりのないセックスでは、女性にとって苦痛になるばかり。ところが男性はまったくそのことに気づきません。

そもそも女性の更年期に気がつかない鈍感な男が多いのですから、気遣いを期待しても無理かもしれませんが、「妻がセックスをしてくれない」とブツブツ言っている男性は、今一度自分の行動を振り返ってもらいたいものです。

さて、セックスレスのもう一つのパターンは更年期女性に限らず、広い世代に見られます。80代になってセックスに関心がないという場合は実害はありませんが、20も代や30代女性ではそうもいきません。きっかけとして多いのが出産です。出産で大変な思いをした、あるいは赤ちゃんの世話が大変でセックスどころではない。そうこうしているうちにセックスに関心持てなくなってしまうようです。

「それならオレに責任はないじゃないか」と男性は言うでしょう。しかし、よく考えてみてください。身体の回復が十分ではない時期に妻にセックスを強要しませんでしたか?妻が夜中の授乳やオムツ替えで大変な思いをしている時に、手伝ってあげましたか?結局セックスの根にあるもものは思いやりなのです。

男性の勃起不全は、バイアグラなどの薬や精力剤に助けてもらうこともできますが、セックスが嫌になってしまった女性に特効薬はありません。会社に縛られている男性にとって、家庭は自由な空間かもしれませんが、だからといって自分中心に生きていいわけではないのです。自分中心に生きたい人は、結婚しないほうがよいのかもしれませんね。


オトコナビ 

スポンサーサイト

たかがED、されどED

男性の更年期障害は、女性とどこが違うのでしょうか。実は、冷汗が出る、疲れやすい、イライラする、眠れないなど自覚症状はほぼ共通しています。男性の場合はED(勃起不全)を伴うケースが多いということです。うつを訴えている男性のほとんどがEDを伴っていますし、更年期障害も、うつよりEDのほうが気になっているという男性もいます。

ちょうど更年期にかかる年代というのは、職場では中間管理職という多いでしょう。上と下のバランスを取らなければならない立場です。上司からも部下からも文句を言われ、丸く納めるのに必死です。自ずと残業も多くなり、家に帰ってくるころにはヘトヘト。もちろん妻と話をする元気もありません。定年後のことや子どもの将来を思うと、不安でたまらない。さらに身体は若い頃のようにすんなり動いてくれないし、糖尿病や高脂血症、高血圧など日頃の不摂生がたたって性欲も湧かなくなる…。

こんなふうにストレスが続いていれば、勃起力が衰えるのは当然です。しかし、セックスレスが続いてしまうと、妻からは「浮気をしているのではないか」と疑われることがあります。夫たちは更年期障害なのに妻から「セックスをしない原因は、愛がないからか他に女ができたのか」と疑われます。そして責め立てられれば責め立てられるほど性欲が湧くはずがないとため息をつくわけです。

精力剤を服用していると、まずは鬱状態がよくなっていきます。しかし、精力剤にはEDに対して即効性があるわけではないので、すぐに勃起力が回復するわけではありません。セックスから遠ざかってかなりの時間が経っていますし、年齢的なこともあり、今更…と、なかなか本人がその気になれないというのが実情のようです。また、一度EDになってしまうと「また失敗したらどうしよう」「妻にバカにされる」という気持ちも先立ちます。

たかがED 



精力剤というと「そんなものを使ってまでセックスしたくない」また「精力剤」というと気恥ずかしさもあるのでしょう。しかし、“健康サプリメント”という認識を持っていただくと「まあ、試してみるか」という気持ちになってくるようです。

実際セックスがうまくいくと自信を取り戻しますので、気持ちの上でも元気になります。しかし、いつもうまくいけばよいのですが、EDや更年期障害の男性は、すぐにスッキリ治るということはなかなか望めません。

本当につらいので、「自分が更年期になってみて、初めて妻の更年期のつらさが分かった」と反省する男性もおられるようです。男性には、今一度振り返っていただきたいのです。奥さんが更年期障害に苦しんでいた時、具合の悪い妻を目の前にして「更年期なんて気の持ちようだ」などと放っておかなかったでしょうか。「たいしたことないのに、怠けている」と責めなかったでしょうか。

「更年期でつらいのに、妻は無関心だ」とぼやく夫がいますが、自分が妻に優しくしていなかったのに、自分の更年期の時だけ妻から労ってもらおうなんて虫のよすぎる話です。

ただし、夫婦間がドロドロしたままでは、鬱状態を治すのにもいい環境とはいえません。そういう時は、とにかく妻に謝ってしまうことをおすすめします。日本の中高年男性のほとんどは謝るのが苦手ですから、謝るかわりに普段やらないゴミ出しをしてみたり、皿洗いをしてみたり…。まあ、そんな回り諄い手段を使うより「ごめん、オレが悪かった」と言葉に出したほうが、早く解決します。この「妻に謝る」作戦を使うと夫婦の関係ばかりか、うつ状態もよくなるという効果も期待できます。

結局エストロゲンに守られている女性は一人でもしっかり生きていけますが、男性は妻に頼るしかありません。最後の最後まで捨てられないよう、根回しが肝心なのです。




オトコナビ 

ゆとり世代の草食系男子VS肉食系女子

精力剤は勃起不全の改善や日々の生活で活力アップを目的にしますが、脳の活性度を下げずに、うつや認知症を予防するには、テストステロンを下げないようにすることが大切です。そのためには、誰かと競い合う環境に身を置く、あるいは競い合っている者を応援するのが効果的です。

最近はゆとり教育の影響で、小学校でも成績や徒競走の順位をつけないといったことが行われてきましたが、子どものうちからある程度の競争を経験する機会を与えたほうが、テストステロンを高める上では役立つはずです。

ゆとり教育を受けて成人した男性に「草食系男子」と呼ばれる男性が増えています。草食の反対は「肉食」。トラにしてもライオンにしても、肉食の動物は必ず自分のテリトリーを持っていて、侵入者を排除しながら自分の縄張りを広げる努力をします。これこそテストステロンの本来の働きなのです。

一方草食系と呼ばれる男性は、テストステロンが低いから争いごとを好まない。とはいえ、テストステロンが高い男性が、喧嘩ばかりしているわけではありません。どちらかといえば逆なのです。テストステロンは「社会性のホルモン」で、この値が高い人は、チームの和を喜び、仲間や社会との強調を大切にする傾向が強いので、競争心はあるけれど喧嘩や暴力には走りにくいのです。反対にテストステロンが低い人の場合、争いごとはしないけれど他者との協調も考えない傾向にあるので、内に閉じこもってしまいかねません。これは引きこもりの要因となり得ます。

草食系男子という言葉はよくできた呼び方だと思いますが、男である以上、積極的に草食系を目指すのは、やはり好ましいことではないように思います。きちんと自己主張ができ、競争力と社会性を兼ね備えた男性が、人間的に見れば女性からも男性からも好まれ、人類学的にも優位に立つのです。

女性の中にも男性ホルモンはあります。テストステロンは、女性の体にとってもベーシックな部分においては重要な働きがあります。「女性らしさ」を支配するエストロゲンは、生殖器に関係する重要なホルモンですが、女性の体内でも、実は男性ホルモンであるエストロゲンのほうが女性ホルモンであるエストロゲンより10倍以上も量が多いことはあまり知られていません。

女性は閉経期とともにエストロゲンの量は急激に低下し、ホルモンバランスの崩れからさまざまな不快な症状を引き起こします。これが「更年期障害」なのです。

ただ、この更年期において、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量はあまり変わりません。したがって更年期を経て体のスイッチがリセットされると、今度はテストステロンの影響で女性の脳は「男性脳」に変わっていきます。つまり男性的な思考パターンへとシフトしていくと考えられています。男子高校生がAKB48に声援を送るのと同じように、中高年の女性達が韓流スターや嵐などのアイドルを追いかけるなど、同世代の男性から見るとあきれるほどアクティブになるのはエストロゲンが減りテストステロンが優位になるホルモンの働きによるものなのです。

肉食系女子 


ドラマ「ラスト・シンデレラ」でもテーマになった“オヤジ化女子”。ドラマでは時に女性であることを忘れてしまうほど働きすぎてホルモンバランスが崩れ、ひげが生えるなどオス化してしまったアラフォー女性の恋愛模様を描いていますが、実際に一定の年齢を過ぎると、男性よりも女性のほうがテストステロン値が高くなります。

というのは、男性は歳をとるとテストステロンがゆっくり減少していくだけで、エストロゲンが補ってくれるようなことはありません。歳を重ねるごとに枯れていくだけの男性から見れば、更年期後にアクティブになる女性のホルモンシステムはうらやましい限りです。

私は、若い日本人女性も、男性ホルモンの量が増えているのではないかと見ています。旅に出て冒険をするのは男性でした。見知らぬ世界に飛び込んでいくチャレンジ精神には、テストステロンがおおいにかかわっているのです。

ところがいまや、海外留学を希望したり、「自分探しの旅」と称して外国へ放浪の旅なに出る女性が増えています。これは、女性が1人で海外を旅行できる環境が整ってきたこともありますが、やはり男性ホルモンが高くなければ、こうした思い切った行動はとれません。

一方で、日本人男性はあまり海外に目を向けなくなってきたといいます。冒険心の低下だけでなく、異文化とのコミュニケーション能力が下がっているのかもしれません。つまり、社会性のホルモン、「テストステロン」が低下している可能性が高いのです。

テストステロンが落ちれば、自分のテリトリーの外への興味が低下します。「外はどうなっているんだろう」という男性本来の興味が湧かなくなり、「ここでおとなしくしていよう」と内向的な思考になっていく、今の日本人男性がまさにこの状況なのです。

高校生は電車の中で、親しい関係でも小突きあったりし、仲間の中のヒエラルキーを確認するような行動をしたものです。しかし、最近の若者はおとなしく群れているようです。全員が一等賞といった、争うことのない教育では、「ホルモンを出す」訓練がされなくなってしまったのかもしれません。

やさしくて穏やかな草食系男子は増えましたが、男性が本来持つべき冒険心や社会性は低下しているのかもしれません。実際にアメリカのビジネススクールでの研究では、テストステロンが高めの女性はリスクが高い仕事を選びやすく、テストステロンが低い男性は「賢い」業種に就職しやすいという結果が出ています。

女性がアクティブになる一方で、どんどんおとなしくなる男性。こんなところにもセックスレスの原因はあるのかもしれません。

オトコナビ 

愛のホルモン「オキシトシン」

男性ホルモンであるテストステロンが利他的行動に影響するということは、前の記事で書きましたが、では「女性ホルモンには他人を思いやる気持ちはないのか」というとそんなことはありません。女性ホルモンにも利他的に行動に関係するホルモンはあります。


愛情ホルモンオキシトシン 



これは「オキシトシン」という脳内ホルモンの働きによるものです。オキシトシンの値が上昇、つまり多く分泌されると、人間は周囲に対して愛情を注ぐようになります。ただその愛情を向ける範囲は、テストステロンの「社会のため」「不特定多数の利益のため」に比べ、「我が子のため」あるいは「愛する人のため」といった自分に近い対象となる特徴があります。そしてこのオキシトシンは、エストロゲンの値が上昇すると、脳の下垂体という内分泌器官からわき出してきます。信頼する心、誠実な心といった美しい人間の特質にはこのオキシトシンがかかわっています。

オキシトシンは母親が赤ちゃんにおっぱいをあげる時に出る、授乳ホルモンです。そこには我が子に対する愛情の深さが関係しているのですが、面白いことに、この時赤ちゃんの体内でもオキシトシンが上昇するのです。授乳だけでなくも母親の目を見るだけでも赤ちゃんのオキシトシンは高まります。まさに「母子の情」の深さを表すホルモンと言えるでしょう。

母乳で育った子どもは人に対する思いやりの気持ちが強くなる、という研究結果も出ています。これも、実は授乳時のオキシトシンの高まりが関係しているのではないかと考えられています。

オキシトシンは男性の体にも存在します。エストロゲンの値が高まることで生産される点も女性と同様なので、男性でも比較的女性ホルモンの高い人に出やすいという特徴があります。他人を思いやる誠実な男性は、オキシトシンが高いと考えられます。

一方、最近の研究では、人間関係がうまくいかない自閉症患者の鼻にオキシトシンを霧状にして振りかけるだけで、周囲の人を意識して関係を持とうとすることも明らかになっています。人への愛情を高める作用があるオキシトシンを、自閉症の治療に有効活用できるのではないかと期待が高まっています。


オトコナビ
プロフィール

マツゾーw

Author:マツゾーw
中高年カップルの充実したセックスライフを送るための情報を発信しています。
EDの原因・手軽にできる改善法、安全で効果のある精力剤、2人で楽しめるセクシャルグッズ、セックス関連のトリビアを紹介するブログです。

おきてがみ

あなたのブログに訪問します♪

商品カテゴリ
最新記事
ご意見ご感想・相互リンクしてくれる方も募集中です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスランキング
FC2ランキング
twitter

ツウィートNow!

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
クラチャイダムゴールド

あの“マカ”を超えたクラチャイダムの精力剤

売れ筋商品


砂漠人参カンカ

テレビや雑誌でも紹介された「カンカ」を480㎎と高配合。

血管拡張作用により老化防止や認知症の改善作用も期待できます。厳格な基準・管理のもとで生産されていて安心して服用できます。






ビガリスブースター


「天然のバイアグラ」と呼ばれるトンカットアリを5,000㎎も配合した精力剤。

血液循環向上による滋養強壮・男性ホルモンの分泌促進による性欲増進やペニスの硬直増加が期待できます。







精力剤 Going

ムイラプアマ・カツアーバ・マカと南米三種の神器を配合。

ペニスに大量に血液を送り込むことが期待でき、勃ち・固さ、太さ、持続力と4拍子揃った勃力剤。30日間使用して効果が実感できなければ商品代金を全額返金いたします。






精力アップサプリメント The GOLD

ソフォン・トンカットアリ・亜鉛など男性ホルモンを生成する成分と、シトルリン・アルギニン・イチョウ葉など血流を促す成分を配合した精力剤。「購入してから40日間使用して効果が実感できなければ全額返金保証」の商品。





ペニス増大サプリメント ゼファルリン

L-シトルリン・L-トリプトファン、二つの効果的なアミノ酸と、古来より用いられた生薬、朝鮮人参、マカ、トンカットアリエキスと動物性生薬マムシ、スッポン、豚の睾丸など30種類以上の有効成分を配合。
GHプレミアム

45日間全額返金保証の精力剤

成長ホルモンの分泌を促すGHリリーザーを配合した精力サプリメント。 成長ホルモンの分泌量アップ・精子の質と量の改善・血管の柔軟性と血流の改善・副交感神経と交感神経のバランス改善・全身の健康状態の向上など、5つの精力・勃起力を高めることが期待できる精力剤です。

彼女と楽しむLoveグッズ

いつものセックスに“マンネリ”を感じたらLOVEグッズで彼女と熱いラブタイム!

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。