スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精力剤の効果はED改善だけじゃない

男性更年期障害では勃起不全はもちろん「イライラする」「気分が昂って眠れない」などの症状がよく聞かれます。これらはEDとは違い器質的変化のないいわゆる不定愁訴ですから、病院に行くと「自律神経失調症ですね」と片付けられてしまうことが少なくありません。「自律神経失調症」とは言い得て妙な表現ですが、男性更年期の症状と自律神経は切っても切れない関係に関係にあるのです。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで機能しています。交感神経が刺激されると、汗をかく、顔や身体がほてる、口が渇く、目がランランとする、筋肉が緊張する、動悸などの反応が生じます。言い換えれば、身体が臨戦態勢に入るわけです。生来、男性は狩りをする動物です。交感神経が活性化しやすいようにできているのも当然です。
しかし、常に臨戦態勢では身体が持ちません。そこで、交感神経をクールダウンさせる副交感神経の働きが重要になってくるのです。交感神経をアクセルに例えれば副交感神経はブレーキです。正常であればアクセルを踏み過ぎてスピードが上がると「こりゃイカン」とブレーキが踏まれるわけです。ところが男性更年期は、常にアクセルを踏みっぱなしで、ブレーキが作動しない車とよく似ています。現代社会におけるおもな戦場の舞台は「職場」です。その職場でがんばって仕事に励んだあげく、交感神経が昂ったままとなり、しかも副交感神経が十分に働かず、いつまでもクールダウンされない状態となるのです。


LOH症候群


たとえ自分では休憩しているつもりでも、交感神経は高まった状態がつづくので、イライラや頭痛、不眠、寝汗、勃起不全などの症状が出てきます。いつも筋肉が緊張していれば、肩こりや頭痛の原因にもなりますし、腸が活発に動けば下痢になります。目がランランとしていれば眠れないのも当然。腕に力こぶを作るのも数分ならばつづきますが、1時間となったらたまりませんね。
男性の更年期障害は男性ホルモンであるテストステロンの低下から起こります。テストステロンは30歳頃から減りはじめ、60歳では40歳と比べ25%も低下します。そのため、性ホルモンの分泌を挽回しようと、下垂体は性腺刺激ホルモンを出します。それでも精巣の機能が衰えているのですから性ホルモンの分泌は増えません。この間、脳はさらに性腺刺激ホルモンを出そうと興奮し暴走します。
脳は、感情や自律神経の中枢でもあるので、それが混乱するわけですから自律神経も乱れてしまいます。うつ、イライラなどの気分の低下の他にも器質的な症状としてED(勃起不全)や性欲減退などもみられるというわけです。
精力剤の多くは男性ホルモン(テストステロン)の分泌を高める成分を含みますので、ED改善のみならず、仕事や私生活の充実にも大切な自律神経の乱れを整える効果も見込めます。

オトコナビ
スポンサーサイト

精力剤との上手な付き合い方

精力剤精力サプリメントと呼ばれる健康食品はアメリカではスーパーマーケットに所狭しとさまざまなサプリメントが並べられています。サプリメントは日本よりもアメリカのほうが市場は大きいのですが、それには保険制度の違いが関係しています。国民皆保険の日本では「病気になったら治す」という考え方が多いのに対して、健康保険に入っていない人が多く、医療費も高いアメリカでは、「病気にならないようにする」という予防の意識が国民に浸透していることが、サプリメントのマーケットサイズを広げることにつながっています。

アメリカ国民の36%が何らかの形でサプリメントを含む補完代替医療(近代西洋医学を補完するという位置付けの医療)を取り入れているというデータもあるほどアメリカ人にとってサプリメントは身近な存在となっているのです。

アメリカで前立腺がん予防によく使うサプリメントは、朝鮮人参、イチョウ葉エキス、アロエ、マカ、などです。マカはニンジンの一種で、ペルーの標高4,000~5,000mの高地に自生するアブラナ科の植物の根っこです。ペルーでは昔から、精力増強やスタミナを与えてくれる滋養食材として使われる一方、前立腺がんの予防、精神を活性化させる効果もあるといわれてきました。

ほかに、カボチャの種などの植物の種は、常に外部に晒されていることもあり酸化ストレスの影響を受けやすい。そのためレスベラトロールに代表される抗酸化作用を持つ成分を含んでいることが多く、これががん予防やアンチエイジングに適していると考えられるのです。

男のアンチエイジング



「25歳はお肌の曲がり角」という女性化粧品のキャッチフレーズがありましたが、男性のアンチエイジングは何歳から始めればいいのでしょう。

男性の老化を端的に示すバロメーターは、やはり「勃起」ということになるのかもしれません。とはいえ「勃起の角度」が何度かということではなく「血管の若さ」で判断してください。

血管の若さは、血管を締め付けてから緩めた瞬間、どのくらい血管が勢い良く拡張するかで判断できます。締まった血管の内面の細胞からNOがきちんとでているかが、男性としての若さを測ることができるのではないかと考えます。

普通、男性の血管は43歳を過ぎると硬くなりはじめ、絞り込んでいた血管をパッと放しても、拡張するのに時間がかかるようになります。つまり40歳あたりがアンチエイジングをスタートするのに最適のようです。

この40歳という年齢は、とても妥当な基準だと思います。なぜなら、血管が硬くなり始めるだけでなく、日本のサラリーマンであれば、管理職としてのストレスを抱え込む世代でもあるからです。ストレスがテストステロンの値を下げ、勃起不全中折れなどの男性機能の低下を助長したり、うつのような精神状態にも影響するからです。そう考えると、40歳からのアンチエイジングを意識し、健康維持のための取り組みを始めることは、非常に意味のあることなのです。


オトコナビ 

数字で見るムイアプラマの性機能増

精力剤として、あまり聞き慣れない成分名と思いますが、南米や欧米では、広く使われている精力ハーブに『ムイラプアマ』という植物があります。

ムイプラアマは、アマゾン熱帯雨林とプラジル北部原産で「性機能を増強する木」として古くからインポテンツの治療や強力な性的興奮剤のある媚薬として使われていたハーブです。

今日では、ヨーロッパでムイラプアマの媚薬効果のみならず、赤痢、神経システム失調、慢性リューマチや麻痺の薬効効果が認められ、多くのハーブ医療関係者がインポテンツ、ウツ、生理痛、生理前症候群、神経衰弱、中枢神経障害に使用されています。

リオのカーニバル



ムイラプアマについてフランスで行われたリサーチでは、テストステロン(男性ホルモン)欠乏による性的無気力感や疲労と関連する男性の性的不全の被験者にムイラプアマエキスを投与した結果、66%のカップルでムイラプアマを服用した後にセックスの頻度が上がったと答え、70%の男性に性的衝動(性的リピード)が強化され、55%の男性でセックスの最中でペニスの中折れが改善され、66%の男性で肉体的エネルギー・スタミナが増加した一方で全体的に疲労が減少し、睡眠パターンに改善が見られ、起床時の勃起ペニスの高度と頻度が増加したと報告されています。

さらに、心身相関関係の要因を取り除いた状態での試験では、勃起不全に悩む100人の男性に対し1日1.5gのムイプラアマエキスを投与したところ、85%の被験者が性的欲求(リピード)の増加を感じ、100%の被験者がセックスの頻度が上がり、90%において勃起を維持する能力に改善が見られたと報告しています。

『媚薬』と呼ばれる多くの薬が歴史に埋もれていく中で、ムイラプアマは古くからその地位を保ち続け、勃起効果と性本能エネルギー強化にアプローチし、勃起不全や性欲の増強、精神システム失調の改善に対する効果が認められているハーブです。

勃起不全をはじめ性的能力向上を求める場合、ムイラプアマを適切な方法で加工する必要があります。ムイラプアマに含まれる有効性分の多くは水溶性ではないので、ムイラプアマの粉末を摂取することはあまり効果的ではありません。エキスとして加工することが必要です。


ムイラプアマ・カツアバ・マカ南米三種の神器配合の精力剤「Going+」公式ページはコチラ

精力剤+精力アップメニューで強性効果アップ!!

マムシ、スッポン、朝鮮人参にローヤルゼリー…いまや、精力にまつわる医薬品や健康食品は、ドラッグストアの一コーナーにところ狭しと並んでいて、その種類は数えきれません。「ここぞ」というときに選ぼうとしても、どれがよいのかさっぱりわからない…という人も多いでしょう。それ以前の問題として、果たしてこれらは本当に精力アップに効果があるのでしょうか。
性にまつわる医薬品や健康食品には「ED治療薬」と「精力剤」があります。「ED治療薬」とは医学的に勃起機能に効果があると認められたものです。“バイアグラ(シルデナフィル)”“シリアス”“レビトラ”などです。これらは、ペニス周辺の血管を拡張させ、血流量を増やすことによって、性的刺激があればペニスが勃起し、性行為が正常に行えます。ただし、副作用として血圧の急激な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心などの副作用が現れることもあるので、医師の指導のもと使用してください。今では個人輸入によってインターネットでも入手できますが、コピー版ED治療薬であったり、重大な副作用の事例もあるので必ず、医師に処方していただいてください。
一方、「精力剤」は、動植物の生薬や、アミノ酸、ビタミン類などを主要成分とするものです。その効力は「血行をよくする」「内蔵の働きを改善する」「間接的に各種ホルモンの分泌を促す」など、直接的にペニス自体に働きかけるものではありません。とはいうものの、精力アップに効果がないかというと、そうでもありません。体力と精力はきわめて密接な関係にあります。滋養強壮効果で体力が回復すれば、自然と勃起力も高まってきます。ただし、即効性はないので、根気よく飲み続けることが必要になります。


筋肉



日常の食事でとれる強性メニューについては、男性のセックスパワーによい影響を及ぼすミネラルである「亜鉛」がカギを握ります。亜鉛は牡蠣やシジミ、豚のレバーなどに微量に含まれるミネラルです。これを優先的に摂取することによって、男性パワーの強化が図られます。その他、抗酸化作用のあるビタミン類で体の細胞を若く保つことで、精力の低下を抑えられます。その効果は医学的にも認められていますが、実際には食物からだけの摂取だと難しいので、効率よく摂取したいのであれば、栄養補助食品の精力剤(サプリメント)を利用するのが良いでしょう。しかも、ビタミンB群とあわせて摂取するとその効果はいっそう高まります。また、ビタミンEとあわせて摂取することで、精子の量が増えたり、精子の運動能力が高まるという研究結果もあり、男性不妊症に効果があったり、セックス時の快感が高まります。
そのほか、人参・ゴボウ・朝鮮人参・鳥のホルモン・チョコレートなどが男性の性機能を高める食べ物・生薬としては有名です。
体の底から精力をつけようと思えば、普段の食事に加え、精力剤を服用するのがおすすめですが、精力剤の中には、違法に医薬品成分が含まれたものが健康食品として売られているものがあります。厚生労働省ではこうした健康被害が報告されている健康食品が公表されているので参考にしてください。いうまでもなく、これらは本来の目的である精力増強効果が期待できない場合が多いのでご注意ください。



オトコナビ 

不倫は文化だ!!

今ではすっかりイクメンパパとなった、元プレイボーイが週刊誌やテレビを湧かせた言葉ですが、「浮気は男性の専売特許で、既婚女性は貞淑で浮気なんかしないもの」という考えが常識として浸透していた時代がありました。男性は「種まき」の本能があり、女性はそれを待つ「畑」という図式がまかり通っていました。

たしかに、自分の遺伝子をたくさん残すためにあちこちに種をばらまくというのはオスの本能かもしれません。しかし、メスだって自分の遺伝子をもった子孫が有利なように、さらに優秀な遺伝子を取り入れたいはずです。実はそのための戦略が「妻の不倫」のようです。

最初に「不倫」が注目されたのは鳥の世界です。「オシドリ夫婦」という言葉があるように、野鳥のカップルは結び付きが強く、浮気なんかしないだろうと考えられていました。ところが、DNAによる親子鑑定をしてみるとカップルのオスの子どもではないヒナがゴロゴロ出てきてしまったということです。つがいのオスがいないスキを狙って、よそのオスがメスにちょっかいを出し、しっかり自分の子どもを作っていたのです。

野鳥はほとんどが一夫一妻制といわれています。その理由は卵を温めてヒナを一人前に育て上げるまでに大変な労力がかかるからです。メスもオスも自分の遺伝子を残すためには、ペアで強力し合うのがもっとも効率の良い方法なのです。オスにとっては飛び抜けて魅力的でなくても確実にメスを確保し子孫を残せるメリットがあり、メスにしてみればとりあえず子育てに協力的なオスを確保して子孫を育て上げられるメリットがあります。

人間もほとんどの社会では一夫一妻制をとっています。しかし、どんなに性道徳に厳しい国でも、完全に浮気を排除できた国はありません。人間は長期的なカップルをつくる一方で、相手の目を盗んで適当に浮気をするということは決して珍しいことではないようです。

では、人間の女性はどういうタイミングで浮気をするのでしょうか。

イギリスの女性を対象とした調査では、30歳代以降、夫との間に2、3人子供を作ってからがもっとも浮気が盛んとのことでした。これは鳥の例と同じで、子供が2人以上いれば、もし次の子供が不倫の子とバレても、夫はすでに簡単に妻子を放り出せない状態になっているからだといいます。鳥以上に育児に手間がかかる人間の女性は、とりあえず安心して子供を産める環境を作るために結婚をする。しかる後、夫より魅力的な男性と浮気し、より優秀な遺伝子を手に入れる。それが不倫の本質的な意味だということらしいのです。つまり、浮気は動物行動学的に見るといたって自然なこうどうともいえます。

また、ラットによる研究結果では、浮気の時のほうがオスの精子は元気がよく数が多いそうです。さらに女性の場合でいうと、非日常的な喜び、不安といった感覚は、セックスの際に排卵を誘発させ、感度が上がるともいわれ、不倫カップルは子供ができやすといいます。不倫でのセックスでは確実に避妊をしたほうが良さそうです(汗)


つけたほうが気持ちいいコンドーム
NEXT≫
プロフィール

マツゾーw

Author:マツゾーw
中高年カップルの充実したセックスライフを送るための情報を発信しています。
EDの原因・手軽にできる改善法、安全で効果のある精力剤、2人で楽しめるセクシャルグッズ、セックス関連のトリビアを紹介するブログです。

おきてがみ

あなたのブログに訪問します♪

商品カテゴリ
最新記事
ご意見ご感想・相互リンクしてくれる方も募集中です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスランキング
FC2ランキング
twitter

ツウィートNow!

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
クラチャイダムゴールド

あの“マカ”を超えたクラチャイダムの精力剤

売れ筋商品


砂漠人参カンカ

テレビや雑誌でも紹介された「カンカ」を480㎎と高配合。

血管拡張作用により老化防止や認知症の改善作用も期待できます。厳格な基準・管理のもとで生産されていて安心して服用できます。






ビガリスブースター


「天然のバイアグラ」と呼ばれるトンカットアリを5,000㎎も配合した精力剤。

血液循環向上による滋養強壮・男性ホルモンの分泌促進による性欲増進やペニスの硬直増加が期待できます。







精力剤 Going

ムイラプアマ・カツアーバ・マカと南米三種の神器を配合。

ペニスに大量に血液を送り込むことが期待でき、勃ち・固さ、太さ、持続力と4拍子揃った勃力剤。30日間使用して効果が実感できなければ商品代金を全額返金いたします。






精力アップサプリメント The GOLD

ソフォン・トンカットアリ・亜鉛など男性ホルモンを生成する成分と、シトルリン・アルギニン・イチョウ葉など血流を促す成分を配合した精力剤。「購入してから40日間使用して効果が実感できなければ全額返金保証」の商品。





ペニス増大サプリメント ゼファルリン

L-シトルリン・L-トリプトファン、二つの効果的なアミノ酸と、古来より用いられた生薬、朝鮮人参、マカ、トンカットアリエキスと動物性生薬マムシ、スッポン、豚の睾丸など30種類以上の有効成分を配合。
GHプレミアム

45日間全額返金保証の精力剤

成長ホルモンの分泌を促すGHリリーザーを配合した精力サプリメント。 成長ホルモンの分泌量アップ・精子の質と量の改善・血管の柔軟性と血流の改善・副交感神経と交感神経のバランス改善・全身の健康状態の向上など、5つの精力・勃起力を高めることが期待できる精力剤です。

彼女と楽しむLoveグッズ

いつものセックスに“マンネリ”を感じたらLOVEグッズで彼女と熱いラブタイム!

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。