スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳を過ぎたら肉食男子になる!

日本を代表する「高齢者の星」といえば、昨年エベレスト登頂を果たしたプロスキーヤーの三浦雄一郎さんがいらっしゃいます。

他にも、胸囲120㎝の肉体を誇るキャスターの草野仁さん、森繁久彌さんも96歳で亡くなったものの生涯現役の男性でした。

彼らのエネルギッシュでアクティブな生き方に「70・80・90歳を超えても、年齢を感じさせない生き方ができるんだ!」「まだまだ自分にもできる!」と大きな勇気をもらった人も多いのではないでしょうか。

一方で、彼らは年齢のわりに体格もいいですよね。お世辞にもスリムとは言えません。血圧もコレステロール値も高めです。しかも肉が大好きで、毎日のように食べているそうです。しかし、世間では「メタボは健康に悪い」とも言われていますよね。どちらが正しいのでしょうか。

正解をいえば、「肉は積極的に食べるべき」なのです。

ただし、それは「50歳を過ぎたら」ということです。

若いうちはメタボになると命を縮めてることになりますが、50歳を超えると肉を食べることが健康寿命のために不可欠になってくるのです。

「日本は長寿国」といわれ、100歳以上の方々が年々増えています。現在では5万人を超える人が100歳以上と認定されています。こんなに素晴らしく世界に誇れることはありません。しかし、実際には、長寿を喜ぶ声はあまり聞こえてきません。

日本は長寿国という反面で約517万人もの人たちが介護を受けながら生活しています。寿命は延びても、寝たきりになってしまうのだとしたら、長寿に対する不安感は拭いきれないものになります。「どんなに歳をとっても、健康で自分らしく生きたい」と願いは切実になってきているのではないのでしょうか。

人間の身体は、約60兆個もの細胞からできています。細胞は常に新しいものに作り変えられることによって、生命を維持しています。つまり、健全な細胞をつくるには、細胞を一つ一つ包む膜が丈夫でなければなりません。この細胞膜になるのが肉や卵に含まれるコレステロールです。すべての細胞膜はコレステロールとタンパク質からできていますから、コレステロールが不足すると新しく丈夫な膜がつくれなくなります。

細胞膜が弱くなれば、体にいくつもの不具合が現れます。そのひとつが「老化」です。菜食主義を通している人には、外見だけを見ても、大きな共通点があります。ほとんどの人は痩せていて、皮膚には艶がなく、髪はパサパサ、年齢以上に老けて見えます。人間の若々しさは細胞からつくられます。コレステロールが不足すると細胞に「ハリ」がなくなり、皮膚や髪にも美しさを保てなくなるのです。

「50歳から肉を食べる」といっても毎日食べてしまっては健康を害します。50歳以上の人は、どのくらい肉を食べると健康寿命に役立てることができるかというと「週に2回ステーキを食べる」ことをおすすめします。

高齢者の健康状態において、現在最も問題になっているのが「たんぱく質エネルギー栄養障害」別名「新型栄養失調」とも呼ばれています。この新型栄養失調を防ぐためにも、週2回は肉をしっかり食べる日をつくったほうがよいでしょう。

「コレステロール値がこれ以上高くなれば動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞になる危険性が高くなりますよ。コレステロール量の多い肉や卵は控えましょう」医師によく言われる言葉ですね。コレステロールが高過ぎると、動脈硬化になりやすくなるのは確かです。

ただし、コレステロールそのものが動脈硬化を起こすわけではないのです。実際にはコレステロールが「悪玉」と化すのは活性酸素の攻撃を受けたときです。活性酸素とは、体内で発生する非常に酸化力の強い物質で触れるものを次々に酸化させます。酸化とはむいたリンゴが茶色くなったり、鉄が赤茶色に錆びることです。

コレステロールが活性酸素の攻撃を受けると「リポタンパク」というコレステロールの梱包材が酸化し、壊れます。すると、リポタンパクに包まれていたコレステロール本体までが酸化してしまい、過酸化脂質という有害物質に変質します。

過酸化脂質には、血管を傷つけ、ボロボロにしてしまう作用があります。

血管の修復には、コレステロールが必要です。血管壁に炎症が生じると、運搬コレステロールが速やかに届けられて、血管の傷を治そうと働きます。

こうして動脈硬化の成り立ちを見てみれば、注意すべきは、肉や卵ではなく、「活性酸素」であることがお分かりいただけるかと思います。

コレステロールが低下すると、筋肉の痛み、肝臓の機能障害、うつ状態、睡眠障害、記憶障害、EDなどの性機能障害、発ガンなど様々に及ぶことが報告されています。老化現象の始まる50歳以降の人が「タンパク質」と「脂質」の宝庫である肉を食べなくなると、老化のスピードが加速し、寝たきりや病気にかかりやすくなってしまうのです。

「生涯現役」のカギを握るのも肉食が必要です。人が自分らしさを失わず輝き続けるには、性ホルモンが必要です。

性ホルモンは、男女が出会い、結婚をし、子どもを産むためだけに必要なのではありません。生殖期を終えた後に、長寿に不可欠なホルモンなのです。そして、性ホルモンの分泌には肉が必要です。性ホルモンの材料はコレステロールだからです。「毎日を楽しもうとする意欲」を維持させるものこそ性ホルモンです。性ホルモンは、男らしさ、女らしさをつくるホルモンです。性欲があり、セックスをしたい時期には性ホルモンがふんだんに分泌されています。

ただし、生殖能力がなくなった後も、健やかに人生を謳歌するためにも、性ホルモンは欠かせません。心と体の健やかさと、「楽しい」「好き」という前向きな意欲は性ホルモンがつくってくれるからです。

更年期障害によく効く肉の効能

50歳以降も若々しくあり続ける秘訣は、性ホルモンを枯らさないことです。

ところが、人は生殖能力を失えば、性ホルモンの分泌量が劇的に減ってしまいます。その時期は、個人差はあるものの、だいたい50歳前後です。

性ホルモンが激減すると更年期障害が起こってきます。女性の更年期障害はよく知られていますが、男性にも更年期障害はあります。男性の更年期障害は100年も前から報告されてきましたが、医学的に注目されるようになったのは最近のことです。

男性ホルモンは、男性としてエネルギッシュに生きる源です。筋肉や骨をつくったり、性欲や性機能にも影響します。男性的な思考にも影響してきます。男性ホルモンは20歳代をピークにじわじわと減っていきます。なんの努力もしていないと、50歳代で分泌量を大きく減らしてしまうことになります。

ただし、男性ホルモンの場合、じわじわと減っていく傾向が強いので、女性のように急激な変化が訪れるわけではありません。そのため、自分で更年期障害だと気づくのが難しいしいう一面があります。「EDになる」「性欲がない」「やる気が出ない」「疲れがとれない」「気分が沈みやすい」といった性機能障害、倦怠感、不安、集中力の低下の症状が現れることが多いようです。

落ち込んだ時には肉を食べる

うつ病になると肉を食べることをすすめられます。セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質は、肉などのタンパク質に豊富に含まれる必須アミノ酸を原料としてつくられるからです。

「セロトニン」と「ドーパミン」は、2つあわせて「幸せ物質」と呼ばれます。脳内できちんと分泌されていれば、人の幸福感は高まり、気分も高揚しますが、分泌量が減ると気分が落ち込みやすくなるなど、人の感情を左右しています。

セロトニンには、歓喜や快楽を伝える働きがあり、物事が順調にいっているとき、特にその力を発揮します。うつ病と特に関係が強いとされるのは、セロトニンです。セロトニンが不足すると、キレやすくなったり、うつ状態になったりします。

一方のドーパミンは気持ちを奮い立たせ、やる気を起こさせる働きがあります。脳を覚醒させ、興奮状態にするのです。

ドーパミンは別名「恋愛ホルモン」ともいいます。

恋愛初期、人はちょっとおかしな状態になります。恋愛中は、将来の幸せよりも、目先の快楽を優先してしまいます。恋をすると、ドーパミンが大量に分泌されるため、脳が興奮状態になり、冷静な判断力が失われるのです。ただし、恋愛中のドーパミンが分泌されるのは、だいたい3年ほどです。ドーパミンが切れてくると、「どうしてこんな人を好きになったんだろう」と冷静な自分が戻ってきます。「ドーパミンの切れ目が縁の切れ目」となるのを防ぐには、肉を食べてドーパミンの分泌量が減少しないようにしつつ、相手を思いやり、恋から愛へと発展させる必要が出てくるというわけです。

セロトニンは、タンパク質から必須アミノ酸の「トリプトファン」から分解されますが、残念ながら肉を食べているだけでは、セロトニンとドーパミンは増やせません。腸内環境が良好に整えられていることが、肉から「幸せホルモン」を増やす大前提です。たとえば、タンパク質の分解にはビタミンCが必要ですし、セロトニンの前駆体が合成させるまでには、葉酸やビタミン B2が不可欠です。

肉はニンニクで焼く!

肉を焼く時にニンニクを使うのは、香りがよく、風味を増します。にんにくやねぎ、キノコ類は強力な抗酸化作用を持ちます。活性酸素の害に常に晒されている現代日本人にとって、活性酸素を無害化する抗酸化作用のある食材は心強い味方です。

ステーキをガーリックと一緒に焼くのは、風味をよくするためだけでなく、がんを防ぎ、若返りを促す効果もあったのです。

また、焼肉店に行くと、キャベツがお通しで出てくることがあります。肉を食べる前にキャベツを食べて、腸を整えておくと、肉を食べた後の胃もたれを抑えることができます。肉を食べる前に小さなお皿いっぱいのキャベツを食べると、腸内細菌の大好物である食物繊維をたっぷりとれて、腸の若返りにも最高です。

オトコナビ 

スポンサーサイト

発起不全は正しい方法で

世の中の「勃起不全」事情は、ここ数年の間に大きく変化しました。まず、名称が「インポテンツ」から「ED」へと変わり、だいぶ印象が変わりました。「インポ」という言葉にはどうしても暗い印象や差別的な意味が付きまとい、本人には「インポテンツだということを知られたくない」という気持ちが強かったように思います。

しかし、EDという言葉が使われるようになったことで、「隠さなければならないイメージ」は改善されつつあります。胸を張って言えることではないにしても受け入れやすくなったことは確かでしょう。

さらに、バイアグラに代表される勃起不全改善薬が登場したことも大きな変化でした。以前は精力剤に関しての知識が薄く、セックスする前にドラッグストアで買った精力剤を数時間前に飲んで、「精力剤は効き目がない」と思い込んでいましたが、今ではだいぶ知識が広められ、精力剤はある期間飲まないとEDに効果がないことや、更年期障害やアンチエイジングにも効果が期待できることなども随分認知されてきました。日本を代表するアクションスターの千葉真一さんが爽やかに精力剤のコマーシャルをするなんてことは10年前までは考えられませんでした。昔に比べてED患者が増えているということもあるのでしょうが、暗いイメージが払拭されたのはいいことではないでしょうか。

女はセックスでキレイになる! 



誤解をしている人がいるようなので、改めてお話ししておきますが、精力剤とED治療薬は違います。精力剤は、滋養強壮成分の生薬や各種のビタミン群、アミノ酸を配合して健康食品で、即効性はありませんが、副作用がなく安定した勃起力が期待できます。対してED治療薬は原則的に医師が処方する薬です。即効性がありますが、健康保険が使えない分診察料、薬はまるまる患者さんの負担になります。最近では個人輸入などによってインターネットを通じて買うこともできます。

これだけEDがオープンになってきたといっても、やはりバイアグラなどのED治療薬を買う場合は医師に診てもらうことです。

現代は情報社会ですから、勃起不全に悩む男性の多くは、バイアグラなどの勃起不全はEDに即効性があるということを分かっています。手に入れたい人は多いのですが、病院には行きたくないという人も多いのが現状です。そこでインターネットで購入する人も少なくありません。ご本人がまるまる健康体で副作用の心配がないとしても、インターネットでの購入は危険です。というのも、最近は「勃起不全改善薬の偽物」が出回っているからです。これは本家本元の勃起不全改善薬を販売しているファイザーも調査を行って分かっていることです。

偽薬の形状はさまざまで、本物より成分を少なめにする程度ならかわいいものですが、まったく異なる成分を入れたり、興奮剤のようなものを勃起不全に効果があると謳ったりと様々です。お金を払って買った「薬が効かない」のならまだしも、副作用が出てしまったらもっと大変なことになります。「インターネットでこっそり」という人は、その辺りの危険性をきっちり認識したたほうがいいでしょう。

現在EDはそれほど珍しいことではありません。EDで病院に行くのも普通です。薬で夫婦の関係が救われるものなら、多いに活用すべきだと思います。


オトコナビ 

LOH症候群はこんなにも怖い!

女性の更年期と違い、男性の更年期についてはまだ広く認知されていません。医療関係者の間でも、テストステロンの低下がEDをはじめ様々な症状を引き起こすことが、どこまでも理解されているのかすら疑問が残るところです。病院で受診しても「気のせい」と追い返されてしまうことも少なくないようです。

男性の更年期には、女性の「閉経」のような「きっかけ」がないため、理由もわからず不快な症状だけが重なっていきます。中には「夕方になると寂しくてたまらなくなる」と訴える人がいるなど症状が多様で、医療の側でもどの科が診るべきなのか迷うし、患者も何科に相談すればいいのかわからない、という難しい側面を持ち合わせています。

男女を問わず、性ホルモンの急激な低下は体への負担が大きく、特に男性の更年期は早めに手を打たないと、一気に重大な疾患に突き進んでしまう危険性があります。女性の更年期以上に寿命に関係してくるのです。

そこで近年、医療界ではこの分野に「LOH症候群」という新しい病名を付けることにしたのです。男性更年期は病気なのか気のせいなのかわかりにくいのですが、下記ような症状はすべてテストステロンの低下が原因です。

【精神的症状】

■健康感の減少

■不安

■イライラ

■うつ

■不眠

■集中力の低下

■記憶力の低下

■性欲の減少

【身体症状】

■筋力低下

■疲労感

■ほてり、発汗

■性機能低下(ED・中折れなど)

■頻尿

■「朝立ち」の消失

これらの症状は立派な病気だということを認識して治療に取り組んでください。

このほかにもLOH症候群に含まれる症状を列記します。

メタボリック、肥満、性欲の低下、ED、ホットフラッシュ(異常発汗)、めまい、筋肉量の低下、骨密度の低下、原因不明の痒痛、目や口の渇き、過度の緊張などです。

現在LOH症候群の「患者」は少なく見積もっても60歳以上の男性の20%、70歳以上の30%、80歳以上の約50%と推定されています。これだけの患者がいながら医療側に受け皿がないというのは大きな問題です。

LOH症候群が疑われた場合、注意しなければならないのが合併症です。テストステロンの低下による動脈硬化と症状が近いパーキンソン病も疑われるケースがあります。パーキンソン病とは脳内ホルモンドーパミンの分泌量の低下により筋肉が動かしづらくなる病気です。ドーパミンは「気力」にも大きく影響することから、やる気が低下したりうつ病に陥ることも少なくありません。

テストステロンが減少するとドーパミンも低下するので、LOH症候群だと思っていたら実はパーキンソン病だったということもあり得ます。「朝立ち」が一週間以上ない場合、テストステロンの低下が考えられます。精力剤やサプリメントでの予防をおすすめします。

オトコナビ 

ED治療薬はアンチエイジング薬

世界と比較しても自殺者が多い日本。その原因解明に
各分野の専門家が取り組んでいるようですが、そこにはテストステロンが少なからず関係しているのではないかと思っています。日本人のテストステロンが低いのか否か、海外の数値と比較した研究発表はありません。しかしそれを裏付けるデータはあります。「セックスの回数」です。
テストステロンが高ければ当然セックスの回数も増えます。男性ホルモンが低ければ、自然に遠ざかっていきます。つまり、セックスの回数から、その国の男性のテストステロンのレベルを大まかに推測することは可能なのです。
2006年にコンドームメーカー、デュレックス社が、「国別年間生交渉頻度」を調査しています。26ヶ国26,000人を対象に、1年間に何回セックスしたかを質問し、国ごとの平均値を出したものです。
それによると、首位はギリシャで164回、2位はブラジルで145回、3位はポーランドとロシアで143回。中国は122回で第8位、アメリカは85回で第22位。そして日本はといえば、48回で最下位だったのです。しかも、ひとつ上の香港が82回なので、ダブルスコアに近い大差をつけられての最下位。これはきわめて憂慮すべき事態といえるでしょう。
日本におけるED患者数は
●完全なED患者数:174万人
●中程度のED患者:800万人
●軽度のEDを含めた患者数:980万人以上
日本の31歳〜70歳の男性のうち、EDの有病率は39%というものでした。
これに対し、ブラジルは15%、イタリアは21%、マレーシアは16%という結果でした。このように日本における有病率が高いのは、やはりテストステロンの低下が他国と比べ進んでいることが原因と考えられます。
EDの治療は、バイアグラに代表される勃起補助薬の使用が一般的です。勃起補助薬の医学的な名称は「PDE5阻害薬」といいます。PDE5とは酵素の名前です。ここで勃起とEDの仕組みをもう一度おさらいしてみましょう。
テストステロンの値が一定の状態にあって一酸化窒素(NO)が正常に出ていると、これが筋肉や血管に作用してサイリックGMPという物質が作られます。こりサイリックGMPが働くと血管が弛緩して血流がよくなり、勃起が起きるのです。
ところがサイリックGMPの働きを邪魔する存在がいます。これがPDE5という酵素で、サイリックGMPを分解する働きがあるのです。サイリックGMPが機能しなくなると、勃起できなくなったり、勃起状態を維持することができないいわゆる“中折れ”したりします。この状態がEDなのです。
PDE5阻害薬はその名の通り、このサイリックGMPを分解しようとする酵素の働きを阻害し、正常な勃起現象を呼び起こす作用を持っています。その第1号であるバイアグラが日本に導入されたのが1999年。その後、食事の影響を受けにくいレビトラ、効果が36時間持続するシアリスと商品開発が進み、PDE阻害薬を服用すると、ED患者のおよそ70%の方は「よくなった」と実感されています。
このPDE5阻害薬には、血管が拡張することで生じる軽い動悸、めまいなどを除き、深刻な副作用は報告されていません。一部に「心臓に副作用がでる」と思い込んでいる人がいるようですが、これは動悸を誤解したもので、逆に血管の状態を良好にし、心肺機能を高める作用があります。耐性ができるわけでもないので、長期の使用で効果が低減するようなことはなく、「ここぞ!」という時に、安全に優れた勃起力を得られる薬剤ということができます。心筋梗塞や狭心症があってニトログリセリンを服用している人以外は、安心して服用できます。
唯一注意するべき点は、ネットなど通信販売で購入すると、粗悪品をつかまされてしまうケースが非常に多いということです。EDが恥ずかしい病気であるかのように煽り立て、ネットなら誰にも知られずに勃起補助剤が手に入ると宣伝し、偽物を送りつけてくる悪質な業者が多数存在します。それが効果がないだけならまだいいほうで、健康被害につながる粗悪品も少なからずあります。
EDは性病とはことなり、血管の病気です。決して恥ずかしがることはありません。また勃起補助薬は精力剤、強勢サプリメントではなく、医薬品なので医薬品なので、選び方や使い方など医師の説明のもとで服用すべきものです。中でも泌尿器科やメンズヘルス外来は、そうした病気を専門に診る科です。堂々と受診し、医師と相談の上で治療方針を決めていただきたいと思います。
バイアグラ、レビトラ、シアリスは、勃起機能を改善するだけでなく、体全般にも素晴らしい作用があることが最近わかってきました。まず一つは血管の新陳代謝を良くすることです。血管の内面を覆っている細胞は絶えずフレッシュなものと交感されていきますが、PDE5阻害薬は、この交換頻度をより高めてくれることが明らかになったのです。
新品の血管の細胞なら、血管内壁がツルツルで動脈硬化は起きにくい。事実、PDE5阻害薬を長期的に服用すると、血管の細胞がNOを出す機能が向上します。さらに、高血圧や糖尿病がある人、喫煙者、肥満の人は活性酸素が多い状態にありがちですが、定期的にPDE5阻害薬を服用すると「錆び」が減ります。しかも、テストステロンが上がる。PDE5阻害薬は男のアンチエイジングに効果的な薬であるといえます。

禁煙してもEDは治らない?

実は、意外なことにテストステロンを下げることがわかってきました。それは「禁煙」です。

タバコの害はどなたでもご存知ですよね。肺がんだけでなく、肺気腫という肺の細胞が壊れて減ってしまう怖い病気も起こります。

喫煙は、強烈な酸化ストレスとなります。タバコを吸うたびに体が錆びると言っても過言ではありません。しかも、この錆をとるのは至難の業です。遺伝子の錆もなかなかとれないためです。酸化ストレスは当然、精巣にも影響しますから、テストステロンも減ってしまいます。「高齢の喫煙者はテストステロンが低い」が定説なのです。

ですから、すぐに禁煙を、と言いたいところですが、禁煙してもテストステロンは減ってしまうのです。

タバコを吸ってテストステロンが下がるのなら納得できますが、やめたのにテストステロンが減少するとは、どういう理由によるものなのでしょうか。

よく、禁煙すると太るといいます。それは「タバコをやめると味覚が回復してご飯がおいしくなって、食べ過ぎるから」と考えられてきましたが、その原因はニコチン切れなのです。

女性にも男性ホルモン(テストステロン)、男性にも女性ホルモン(エストロゲン)が存在します。女性でもテストステロンの働きが高い人もいるし、男性でもエストロゲンが高い人がいます。男性の場合、テストステロンがアロマターゼという酵素によって変化することにより、女性ホルモン(エストロゲン)が作られます。実はタバコのニコチンは、このアロマターゼの働きを邪魔してエストロゲンを作らないようにしています。

喫煙するとEDになる? 


ですから、精巣が元気な若い男性喫煙者は、エストロゲンになる分がニコチンによってキャンセルされるので、絶えずテストステロンは高めになっています。ところが、タバコを急にやめると、今度はこのアロマターゼが急稼働して、テストステロンをエストロゲンに変えてしまうのです。こうしてテストステロンが減った結果、肥満を誘発し、女性の更年期同様の、意欲の低下が生じたりするのです。

最近「禁煙外来」では、徐々にニコチンを減らしながら禁煙をしていきますが、テストステロンの減少までチェックしていません。禁煙を決意したら、まず運動をする習慣をつけてください。筋肉を使うこと、たとえば息が少し弾むくらいの早いウォーキングからはじめましょう。

禁煙を始めたら、ホルモンバランスを整える亜鉛を含む精力剤でテストステロン値を高めてください。運動、食事、睡眠、ストレス解消などを通して、テストステロンの水準を維持しながら効果的な喫煙をしてED改善を果たしてほしいとおもいます。

オトコナビ 

NEXT≫
プロフィール

マツゾーw

Author:マツゾーw
中高年カップルの充実したセックスライフを送るための情報を発信しています。
EDの原因・手軽にできる改善法、安全で効果のある精力剤、2人で楽しめるセクシャルグッズ、セックス関連のトリビアを紹介するブログです。

おきてがみ

あなたのブログに訪問します♪

商品カテゴリ
最新記事
ご意見ご感想・相互リンクしてくれる方も募集中です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスランキング
FC2ランキング
twitter

ツウィートNow!

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
クラチャイダムゴールド

あの“マカ”を超えたクラチャイダムの精力剤

売れ筋商品


砂漠人参カンカ

テレビや雑誌でも紹介された「カンカ」を480㎎と高配合。

血管拡張作用により老化防止や認知症の改善作用も期待できます。厳格な基準・管理のもとで生産されていて安心して服用できます。






ビガリスブースター


「天然のバイアグラ」と呼ばれるトンカットアリを5,000㎎も配合した精力剤。

血液循環向上による滋養強壮・男性ホルモンの分泌促進による性欲増進やペニスの硬直増加が期待できます。







精力剤 Going

ムイラプアマ・カツアーバ・マカと南米三種の神器を配合。

ペニスに大量に血液を送り込むことが期待でき、勃ち・固さ、太さ、持続力と4拍子揃った勃力剤。30日間使用して効果が実感できなければ商品代金を全額返金いたします。






精力アップサプリメント The GOLD

ソフォン・トンカットアリ・亜鉛など男性ホルモンを生成する成分と、シトルリン・アルギニン・イチョウ葉など血流を促す成分を配合した精力剤。「購入してから40日間使用して効果が実感できなければ全額返金保証」の商品。





ペニス増大サプリメント ゼファルリン

L-シトルリン・L-トリプトファン、二つの効果的なアミノ酸と、古来より用いられた生薬、朝鮮人参、マカ、トンカットアリエキスと動物性生薬マムシ、スッポン、豚の睾丸など30種類以上の有効成分を配合。
GHプレミアム

45日間全額返金保証の精力剤

成長ホルモンの分泌を促すGHリリーザーを配合した精力サプリメント。 成長ホルモンの分泌量アップ・精子の質と量の改善・血管の柔軟性と血流の改善・副交感神経と交感神経のバランス改善・全身の健康状態の向上など、5つの精力・勃起力を高めることが期待できる精力剤です。

彼女と楽しむLoveグッズ

いつものセックスに“マンネリ”を感じたらLOVEグッズで彼女と熱いラブタイム!

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。