スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOH症候群はこんなにも怖い!

女性の更年期と違い、男性の更年期についてはまだ広く認知されていません。医療関係者の間でも、テストステロンの低下がEDをはじめ様々な症状を引き起こすことが、どこまでも理解されているのかすら疑問が残るところです。病院で受診しても「気のせい」と追い返されてしまうことも少なくないようです。

男性の更年期には、女性の「閉経」のような「きっかけ」がないため、理由もわからず不快な症状だけが重なっていきます。中には「夕方になると寂しくてたまらなくなる」と訴える人がいるなど症状が多様で、医療の側でもどの科が診るべきなのか迷うし、患者も何科に相談すればいいのかわからない、という難しい側面を持ち合わせています。

男女を問わず、性ホルモンの急激な低下は体への負担が大きく、特に男性の更年期は早めに手を打たないと、一気に重大な疾患に突き進んでしまう危険性があります。女性の更年期以上に寿命に関係してくるのです。

そこで近年、医療界ではこの分野に「LOH症候群」という新しい病名を付けることにしたのです。男性更年期は病気なのか気のせいなのかわかりにくいのですが、下記ような症状はすべてテストステロンの低下が原因です。

【精神的症状】

■健康感の減少

■不安

■イライラ

■うつ

■不眠

■集中力の低下

■記憶力の低下

■性欲の減少

【身体症状】

■筋力低下

■疲労感

■ほてり、発汗

■性機能低下(ED・中折れなど)

■頻尿

■「朝立ち」の消失

これらの症状は立派な病気だということを認識して治療に取り組んでください。

このほかにもLOH症候群に含まれる症状を列記します。

メタボリック、肥満、性欲の低下、ED、ホットフラッシュ(異常発汗)、めまい、筋肉量の低下、骨密度の低下、原因不明の痒痛、目や口の渇き、過度の緊張などです。

現在LOH症候群の「患者」は少なく見積もっても60歳以上の男性の20%、70歳以上の30%、80歳以上の約50%と推定されています。これだけの患者がいながら医療側に受け皿がないというのは大きな問題です。

LOH症候群が疑われた場合、注意しなければならないのが合併症です。テストステロンの低下による動脈硬化と症状が近いパーキンソン病も疑われるケースがあります。パーキンソン病とは脳内ホルモンドーパミンの分泌量の低下により筋肉が動かしづらくなる病気です。ドーパミンは「気力」にも大きく影響することから、やる気が低下したりうつ病に陥ることも少なくありません。

テストステロンが減少するとドーパミンも低下するので、LOH症候群だと思っていたら実はパーキンソン病だったということもあり得ます。「朝立ち」が一週間以上ない場合、テストステロンの低下が考えられます。精力剤やサプリメントでの予防をおすすめします。

オトコナビ 

スポンサーサイト

EDは脳梗塞、狭心症の前兆

 視力、筋力、記憶力の衰えなど、老いを感じる症状がいくつもある中で、男性にとって最もダメージの大きいのが勃起力の低下すなわちEDです。

我が国のED患者数は1800万人とも言われていますが、この病気について正しく理解している人は意外に少ないようです。特に多いのが「インポテンツ」と混同しているケースです。この二つは似ていますが、中身は違います。インポテンツは「勃起不能」のことで、事故や病気によって勃起する機能を完全に喪失した場合を指します。一種の差別用語であり、現在ではあまり使われていません。

EDは「勃起不全」のことです。性的刺激を受けていても、ペニスが性交可能な硬さを得られない、あるいは性交の途中で勃起状態が失われる(中折れなど)ケースが該当します。EDはバイアグラなどの勃起補助薬の服用により、セックスや射精も可能となる病気なのです。インポテンツとEDは似て非なるものです。

実はこのEDにも、活性酸素とテストステロンが大きく関係しています。しかも単に勃起しにくいというだけでなく、狭心症や脳梗塞といった重大疾患が潜んでいる可能性が高いのです。

勃起能力が正常な人は、細胞や血管の「錆び」が少なく、EDの人は総じて酸化の度合いが高いことが分かってきました。つまり、血管の老化がEDの大きな要因のひとつなのです。

性的刺激を受けた時、NO(一酸化窒素)が作用してペニスの筋肉が緩み、内部の海綿体に血液が流れ込んで勃起すること、そしてこのNOを生産するのにテストステロン(男性ホルモン)が働いています。つまり、このNOは実は血管の中でも重要な働きをしています。

EDは脳梗塞、狭心症の前兆 



よく、「血液サラサラ」という表現が使われますが、実際には血液にサラサラもドロドロもありません。どんな人の血液もサラサラです。では何が違うのかといえば、血管の内側(内壁)の状態です。血管の内壁がツルツルであれば、血液は何の障害もなく流れて行きます。ところが、何らかの原因で内壁に凹凸ができると、血液はスムーズに流れることができません。あちこちで淀んで停滞し、ドロドロしたように見えるのです。「血液サラサラ」ではなく「血管ツルツル」が医学的には適切です。

血管壁から出たNOが中をきれいに掃除してくれるので、血液は淀みなく流れるのですが、テストステロンが低下すると十分なNOが生産されず、血流も悪くなります。そのため、ペニスでも本来の勃起力が維持できなくなるのです。

ペニスの血管が錆び付いているということは、全身の血管が錆び付いていることが疑われます。なぜなら、海綿体の動脈の直径は1~2㎜、心臓付近の動脈では3~4㎜、脳の動脈では5~6㎜であり、全身の血管の劣化が進んだ場合、最も直径の細い箇所から異常が生じる可能性が高いからです。そして、脳や心臓で血流不全が起きれば、脳梗塞や狭心症となって命を落としかねません。「EDは脳梗塞や狭心症の前兆」といっても過言ではないのです。

事実、脳梗塞や狭心症を起こした人は、発作を起こす以前からEDだったという人がかなりの確率で存在するそうです。現在ED治療薬として有名なバイアグラも、元は狭心症の治療薬として研究、開発された薬です。「もう歳だからEDくらい」と考えるのは非常に危険だということがお分かりいただけるでしょう。

つまり、症状がEDの段階で手を打てば、狭心症や脳梗塞などの重大疾患を未然に防ぐことができます。EDを単なる加齢現象として放置するのではなく、重大な疾患を防ぐサインだと受け止め、EDの改善に取り組むことをおすすめします。

オトコナビ

活性酸素とED

最近の医学では遺伝子的に見ると、人間の本来の寿命は約120年と考えられています。なのに、なぜそれより早く死んでしまうのでしょうか。それは老化を促進する様々な要因が、体に働きかけてくるからです。その代表的な存在が「活性酸素」です。

活性酸素とは、酵素の分子構造が歪んで不安定な状態になり、化学反応生が高まったものです。酸化力が強く、老化かの最大の原因といわれる悪玉物質です。

私達は食事をすると体が暖かくなり力が出ます。これは食べ物から取り込んだカロリーがエネルギーに変換されるからです。この時、細胞のミトコンドリアと呼ばれる器官では、エネルギーと一緒に活性酸素を作ってしまいます。これは止めようがなく、常に人間の体内では活性酸素が生まれているのです。

しかし、人間はもともと活性酸素を分解する酵素が備わっています。この酵素が働くと、活性酸素は無害化されます。赤ちゃんや若い人にはこの酵素が強力に作用するので、活性酸素の影響を受けにくいのです。除去されずに残った活性酸素は、細胞の中のDNA、タンパク質、脂肪、糖分を酸化させ、いわば「錆びさせる」ことで細胞の機能を劣化させたり、その錆びた分子が悪い働きをするようになります。こりが「老化」の大きな原因となっているのです。

たとえば、DNAが錆びると、遺伝子が変化して癌の原因となります。一酸化窒素(NO)不足が高血圧やうつ病、EDの一因となるのと同じで、血管や神経が錆びた場合も、NOがが出にくくなり、同じような病気の原因となります。

カロリーを摂れば摂るほど活性酸素は作られます。つまり、食べれば食べるほど活性酸素の量も増えるわけです。カロリー過多は肥満やメタボリックシンドロームの危険性が指摘されますが、何よりっ生酸素が多く出ると、体が錆びやすく、その結果が癌に代表される様々な病気を発症しやすくなり、寿命も短くなっていくのです。

活性酸素は食べること以外でも、様々な場面で作られます。例えば疲労や精神的ストレスがかかった時なども大量の活性酸素が生まれます。活性酸素が体を老化させるのは、人間以外の動物も同じです。体重あたりの酸素摂取量が多い小さな動物は寿命が短く、ゾウガメのようにゆっくり動く動物が長寿であることも知られています。

活性酸素によって体が酸化されやすい状態になっていることを、酸化ストレスといいます。このストレスはメンタルなストレスとは違い、体が危険な状態にあるという意味です。酸化ストレスは交感神経の活性化、高血圧、高血糖、肥満、そしてテストステロンの減少につながり、もちろんEDの大きな要因になります。

鳥は、空を飛ぶだけでも大変な運動量になります。したがって体内では活性酸素が大量に作られます。しかし、それを本能として知っている彼らは、木になっている果物を皮ごと食べます。果物の皮にはレスベラトロールをはじめとするポリフェノールと呼ばれる物質が豊富に含まれています。このポリフェノールには活性酸素の働きを抑える「抗酸化作用」があるため、鳥は細胞の酸化を防ぐことができるのです。「赤ワインに含まれるポリフェノールが体にいい」とよく言われるのもこのためです。

体が錆びているかどうかについては、血液を採らなくても様々な方法でわかります。極めつけは加齢臭です。これはノネナールという体内の脂肪成分が酸化してできる物質のにおいと考えられています。加齢臭はすなわち、体が錆びている証拠なのです。

また、最近では、水素水が体内の悪玉活性酸素を除去することがわかってきています。ニューヨークヤンキースのイチロー選手や、歌手の郷ひろみさん、女優の藤原紀香さんらも、アンチエイジングや体調管理に水素水を利用していることも有名です。

水素水の詳細はコチラから

水素水でアンチエイジング

「勃起するため」の二つの条件

セックスをしようという時に、なくてはならないのが「勃起」です。勃起はすべてのほ乳類に共通する現象で、非常に精巧なメカニズムが存在します。ペニスがとてもダイナミックに変わり、それが種の存続に関わってくることから、世界各国に勃起の状態を模したユーモラスな人形や絵、あるいは祭事が行われています。また、男性にとって勃起は性行為と関係なく、日常生活の場でも、自信や充実感じる現象にもなっています。

性的興奮を覚えるとペニス内部の海綿体と呼ばれる筋肉の袋が緩んで、その中に血液が流入することで硬さが増し、セックスが可能な状態になるのが勃起です。勃起が可能になるには二つのポイントがあります。

人間の自分の意志とは無関係に働く神経を自律神経と呼びますが、この自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があります。交感神経は、極端に言えば、身の危険が迫ったときに対応する時の神経です。したがって体の筋肉は緊張し、闘うか、逃げるのか、絶えず身構えている状況です。一方、副交感神経は、体がリラックスする時に活性化します。お風呂に入ったりし、眠っている時にこの神経が働きます。

体の中ではどちらの神経も働いていますが、交感神経が活性化されている時を「交感神経優位」、反対に副交感神経が活性化されている状態を「副交感神経優位」と呼び、常にどちらかが優位な状態になっています。

交感神経優位の時は何らかのストレスがかかっているので、なるべく副交感神経が優位なほうが健康に良いと言えるでしょう。また、身に危険が迫っていなくても、糖尿病や高血圧でも交感神経の活躍が高まります。

では、勃起時の自律神経はどちらの状態なのでしょう。性的に興奮しているということは活動的なのだから、交感神経優位の状態と考えるかもしれませんが、実は副交感神経優位の状態、つまり「リラックス状態」でなければ勃起できない仕組みになっています。

確かに、仕事やスボーツに没頭しているとき、あるいは誰かと喧嘩をしている時に、セクシーな画像を見せられても勃起するとは思えません。これは、自律神経が交感神経優位の状態にあるからなのです。

勃起とは本来、女性との性行為のために起きるので、リラックスした状態である必要があるわけです。たとえ女性と一緒に過ごしていなくても、お風呂に入っている、美味しいものを食べている、あるいはひとりでベッドに横になってくつろいでいるなど、副交感神経優位になっている時に、勃起が起きるのも自然なことです。

逆に勃起している時に、携帯電話が鳴って仕事の話を始めれば、勃起状態は失われていくはずです。電話で真剣に仕事の指示を出しながら、あるいは得意先のクレームに必死に謝りながら勃起がつづいていることはありません。

もうひとつポイントが男性ホルモンであるテストステロンです。このホルモンが低いと、いくらリラックスしていても発起はしません。

「朝立ち」は健康のバロメーターと言われます。ご存知の通り朝、寝起きに勃起することを「朝立ち」といいます。人間は寝ている間はリラックスしており、自律神経は副交感神経優位となっています。実は男性は睡眠中に4~5回は勃起が起きています。これを夜間勃起現象といいますが、最後は朝目が覚めるときに見られるのです。目が覚めて起き上がり、本格的に動き出せば交感神経優位に移行して勃起は終了します。

実は、この朝立ちこそ、男性の健康を測る最も簡単かつ重要なサインです。

朝立ちには、副交感神経が優位でリラックスしていること、テストステロンが高く保たれていること以外に、もうひとつ必須条件があります。目が覚めているときの眠りが、「レム睡眠」であるということです。

睡眠中は、レム睡眠とノンレム睡眠という二つの状態を交互に繰り返しています。レム睡眠は比較的浅い眠りで、脳は活発に動いています。人はこの状態の時に夢を見ます。一方ノンレム睡眠は深い眠りの状態です。この時は脳も休んでいるので、夢を見ることもありません。

そして朝立ちをするのは、レム睡眠から目覚めた時です。浅い眠りからの寝覚めですので寝起きもすっきりしています。ノンレム睡眠は深い眠り、ぶっ叩いても起きないほどの眠りですので、その最中に目覚まし時計で無理矢理起こされても、勃起はしていません。

このようにいくつかの条件をクリアした時に朝立ちは起きるのですが、この現象は男性にとってきわめて重要な健康のバロメーターでもあるのです。もしあなたが50歳以下で、1ヶ月に一度も朝立ちがないようなら、何か病気が隠れている危険性があるので、要注意です。それは内臓疾患かもしれないし、うつのような心の病気かもしれません。

朝立ち 



なぜかというと、勃起はペニスの海綿体が充血することにより起こります。つまり大量の血液がペニスに流れ込む必要があります。ではなぜ普段は血液が入り込まないのでしょう。それは普段はペニスの筋肉が緊張していて血管を引き締めているので、血液が流入できないからです。

ところが性的な刺激が加わると、神経や血管から一酸化窒素(NO)というガスがつくられます。このNOはペニスの筋肉を緩める方向に作用しますが、不足していると、うまく勃起が起きません。

高血症は、血管が緩みにくくなって血液が正常に送られなくなったので、心臓が頑張ってポンブの圧力を高めた結果生じます。うつは、脳の神経のNOが現象するにつれて、神経同士のつながりが潤滑でなくなることにより発症リスクが高まります。

つまり、うつにしても高血圧にしても、あるいは「朝立ちをしない」ということについても、ベースにはNO不足にあります。EDの治療薬として知られるバイアグラやレビトラ、シアリスといった勃起補助薬も、体内でNOの働きを高めることにより勃起を可能とするのです。

そして、そのNOを出す働きを担っているのが、テストステロンです。NOの不足のおおもとらはテストステロンの低下が関係しているのです。

テストステロンが低下しNOの生産が下がると、様々な症状が生じます。しかも多くの場合それぞれが関連しています。たとえば、うつになった人は、そうなる1年前くらい前から朝立ちがなくなることが多いのです。朝立ちの有無は、高血圧やうつなどの病気と深い関係があるのです。

昔から、「朝立ちをしなくなるのは年のせい」といわれて、中高年になると半ばあきらめてしまう男性は少なくありません。しかし、実際には老化は老化でも「血管の老化」が原因で、年齢だけが朝立ちをしなくなる理由ではなかったのです。テストステロンを高めに維持し、NOの生産を高めて血管の状態を正常に保つことができれば、80歳を過ぎても朝立ちは可能なのです。



オトコナビ 

なぜ糖尿病になるとEDになるのか?

ブドウ糖を代謝するインスリンが不足したり、うまく働かないと、血糖値が上がってしまう糖尿病は、放置すれば全身にさまざまな合併症を引き起こします。
そのひとつとして指摘されているのが、勃起不全です。ただ、糖尿病患者がすべてEDになるかというとそういうわけではありません。
糖尿病の合併症のうち、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、そして末端神経障害が、三大合併症といわれます。日本では失明原因の第一位が糖尿病性網膜炎であり、糖尿病性腎症から人工透析を行わざるを得ない人も少なくありません。
末梢神経障害というのは、冷感、熱感、痛覚、触覚などの感覚が低下したり、めまいや下痢、便秘、尿が出にくいといった自律神経系の障害など、いろいろなかたちで現れます。
末梢神経障害が進行すると、熱さや痛さを感じにくくなり、感染症にも弱くなることがあります。その結果靴ずれやヤケドに気付かず、そこにばい菌が感染し、やがて壊疽(えそ)をを起こし、やむなく足を切断する事態にもなりかねません。また、糖尿病の人は、心筋梗塞の発作を起こしても、まったく痛みを感じないこともあるといわれています。そしてEDも、基本的にはこうした末梢神経障害のひとつに分類されます。

糖尿病の症状 

糖尿病の人はだいたい30%がEDといわれています。また日本では羞恥心が強いせいか、女性からの性的訴えは少ないですが、やはり30%ぐらいの女性が性欲減退などの異常を訴えています。
EDが糖尿病の合併症だとすれば、血糖値の高い状態が長くつづいた結果ということになるわけですが、血糖値のコントロールで多くの末梢神経障害は改善するといわれていますので、復活の見込みがないわけではありません。
また、精神的な原因や薬の影響も考えられます。糖尿病によるEDでは、勃起能力が徐々に低下し、生理的な「朝立ち」もなくなり、オナニーもできなくなります。これに対して、心因性のEDは、勃起力が急激に低下するのに、朝立ちはあり、オナニーも可能といった特徴があります。男性の性は想像以上にデリケートで精神的な影響が強いので、パートナーの何げないひと言で心因性EDになり、ついにはセックスをあきらめて「子どもはいらない」と言い出す男性も少なくありません。だから糖尿病の場合も、中高年期の性的能力に加えて、「糖尿病だから」という思い込みがEDを作っている場合もあります。
さらに、糖尿病になる人は肥満や高血圧など、他の成人病も抱えているケースも多く、こうした病気に使う降圧剤や睡眠薬、精子安定剤などの中にも副作用としてEDを起こすものもあります。


糖尿病を防ぐ精力剤の成分

アルギニン
肉類・ナッツ・エビなどに含まれるアミノ酸で動脈硬化、高血症、肝障害を予防し、老化が引き起こす糖化を強力に抑えます、

シトルリン
スイカやメロンなどに含まれるアミノ酸で、血管の拡張を促し、アンチエイジング効果、運動時のパフォーマンスを高めます。シトルリンにはインスリンのように直接血糖を下げる効果はありませんが、血管を若く保ち、心身のパフォーマンスを高めます。

亜鉛
亜鉛には脳下垂体にある性腺刺ホルモンや成長ホルモンの働きに大きく関与しています。抗酸化作用、アルコールの分解などの働きがあり、特に細胞分裂には亜鉛が深く関与していて、新陳代謝が盛んな組織や、成長期の人ほど亜鉛の必要量は多くなります。


他にも精力剤には、ホルモンバランスを整え、男性更年期障害といわれるLOH症候群の改善や、身体を酸化から守る抗酸化作用、血管を強くしなやかに保ち、動脈硬化を防ぐ効果のある成分からできているものが多く、ED改善のみでなく、普段の生活にも活気を与えます。


オトコナビ 
NEXT≫
プロフィール

マツゾーw

Author:マツゾーw
中高年カップルの充実したセックスライフを送るための情報を発信しています。
EDの原因・手軽にできる改善法、安全で効果のある精力剤、2人で楽しめるセクシャルグッズ、セックス関連のトリビアを紹介するブログです。

おきてがみ

あなたのブログに訪問します♪

商品カテゴリ
最新記事
ご意見ご感想・相互リンクしてくれる方も募集中です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスランキング
FC2ランキング
twitter

ツウィートNow!

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
クラチャイダムゴールド

あの“マカ”を超えたクラチャイダムの精力剤

売れ筋商品


砂漠人参カンカ

テレビや雑誌でも紹介された「カンカ」を480㎎と高配合。

血管拡張作用により老化防止や認知症の改善作用も期待できます。厳格な基準・管理のもとで生産されていて安心して服用できます。






ビガリスブースター


「天然のバイアグラ」と呼ばれるトンカットアリを5,000㎎も配合した精力剤。

血液循環向上による滋養強壮・男性ホルモンの分泌促進による性欲増進やペニスの硬直増加が期待できます。







精力剤 Going

ムイラプアマ・カツアーバ・マカと南米三種の神器を配合。

ペニスに大量に血液を送り込むことが期待でき、勃ち・固さ、太さ、持続力と4拍子揃った勃力剤。30日間使用して効果が実感できなければ商品代金を全額返金いたします。






精力アップサプリメント The GOLD

ソフォン・トンカットアリ・亜鉛など男性ホルモンを生成する成分と、シトルリン・アルギニン・イチョウ葉など血流を促す成分を配合した精力剤。「購入してから40日間使用して効果が実感できなければ全額返金保証」の商品。





ペニス増大サプリメント ゼファルリン

L-シトルリン・L-トリプトファン、二つの効果的なアミノ酸と、古来より用いられた生薬、朝鮮人参、マカ、トンカットアリエキスと動物性生薬マムシ、スッポン、豚の睾丸など30種類以上の有効成分を配合。
GHプレミアム

45日間全額返金保証の精力剤

成長ホルモンの分泌を促すGHリリーザーを配合した精力サプリメント。 成長ホルモンの分泌量アップ・精子の質と量の改善・血管の柔軟性と血流の改善・副交感神経と交感神経のバランス改善・全身の健康状態の向上など、5つの精力・勃起力を高めることが期待できる精力剤です。

彼女と楽しむLoveグッズ

いつものセックスに“マンネリ”を感じたらLOVEグッズで彼女と熱いラブタイム!

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。